スポンサードリンク
サステナの歴史 ブログトップ

サステナストリー [サステナの歴史]

21世紀食品の世界発明品免疫ミルク「サステナ」【送料無料!】
1870354.gif


メタボリック”が時代のキーワードとなり、超高齢化社会を迎えている日本。

病気になってから治す「治療医学」ではなく、

病気になる前に自分自身で健康を守っていく「予防医学」の重要性が

ますます高まってきています。


大切なのは、単に長生きすることではなく、長く健康であり続けること。

長寿大国といわれて久しい日本を、本当の意味での“健康大国”にするために、


サステナは・・・

1958年 ライフ・J・スターリが、全米から優秀な研究者たちを招聘し、スターリ研究所を設立。
      この特別なミルクの研究をスタートしました。

1961年 世界で初めて母子免疫のしくみを応用した「スターリミルク」の基礎的な開発に成功。

1987年 酪農王国・ニュージーランドへ飼育の拠点を移動。現地の酪農家と特別契約を結び、
     天然の牧草だけで育った乳牛のミルクを得て、本格的な商業的生産を開始。

1990年 九州大学生体防御医学研究所グループが、「スターリミルク」の有用性と
     安全性について基礎研究を開始。

2004年 米国で最も厳しいとされる食品安全基準「GRAS」の認証を取得。

2008年 安全性の高い製品と販売スタイルで、持続的な健康をサポートする
     『スターリジャパン』設立。

そして・・・
sasutaina_img01.jpg

スターリジャパンは今後も、一人ひとりの持続的な健康の実現を様々な側面から


支援していくプロジェクトを展開していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 





共通テーマ:健康
サステナの歴史 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます